大学生の実家の帰省にレイクは最適

大学生の多くは進学時に、自宅を離れることと思います。長年住み慣れた自分の家を出て行って、都会に出てくる人も多いのではないでしょうか。都会で大学生活を満喫していても、たまには実家に帰らなければいけませんよね。そんな時、お金の少ない大学生では変えることも困難だと思います。そんなとき私は、いつもレイクを利用させてもらっています。厳しい経済状況の大学生に、レイクは救いの手を差し伸べてくれていました。大学生でも大丈夫です。心配をしないでください。

自己紹介

私は22歳の男性大学生です。東京都内の国立大学に在籍しています。高校生の頃から奨学金をもらっていて、大学でも奨学金をもらっていますが、生活費は自分で稼がなければいけません。毎日アルバイトづけで、勉強にもなかなかには入りません。このような忙しい毎日を送っていても、8月になったら夏休みに入り、実家に帰ります。その時に私は新幹線を利用しなければいけないのですが、新幹線の切符はとにかく高いです。そんなときにレイクを利用させてもらっています。

大学生でも通れる審査

レイクのいいところは、大学生でもお金が借りられるところです。アルバイトをしている大学生なら定期的な収入があるでしょう。定期的な収入のある人ならレイクに申し込みをしてみてください。きっと審査に通ると思います。私も最初は疑っていましたが、無事にレイクのカードが発行されて驚きました。大学生だからといって諦めないほうがいいと思います。

帰省には便利 親も喜ぶ

新幹線の代金をいつも、レイクのキャッシングで工面して実家に帰っていました。親に迷惑をかけることもなく、いつも都会で頑張っていると私の両親を励ましています。大学生の皆さんは、夏休みや冬休みなど長い休みができたら、こまめにじぶんの実家に帰るといいと思います。お金が足りないと嘆いてはいけません。レイクを使ってお金を借りてもいいから、こまめに実家に帰るといいと思います。親の安心した顔を見て私も安心しました。私のようなお金のない大学生に使いやすいのはレイクだと思います。これからも使い続けたいと思いました。

まとめ

地方から都会にできて大学生に、是非ともおすすめなのが消費者金融のレイクです。新幹線や飛行機を使う人なら、実家に帰る時もまとまったお金が必要です。親に自分の顔を久しぶりに見せたい、そんな親孝行な大学生の皆さんに、消費者金融のレイクは最大限のサポートをしてくれると思います。

続きを読む

サラリーマンは息抜きにレイクを使った体験談

サラリーマンの給料、最近はどうですか。一部の有名な会社の人でない限り、これから先も期待はできないと思います。下がり続ける給料では、ほしいものも買えないし、楽しみもなくなってしまいます。だからといってこのまま、何もしないでいるわけにはいきませんよね。これからどんどん下がり続ける給料には、消費者金融のレイクを生活の中に加えてみませんか。まとまったお金を借りるというよりも、足りない時に少し借りるという使い方でも十分に補うことができます。私も、少ない給料をレイクで補っています。

自己紹介

私は32歳の男性です。千葉県の千葉市でサラリーマンをしています。一応正社員ではあるものの、待遇は都心でいう派遣社員と全く同様の立場です。そのため給料もあまり思わしくありません。私の趣味は宝くじを買うことです。年末ジャンボ宝くじなどの大きめの宝くじはもちろん、ロトシックスなどの、小さな抜く時も買うことがよくあります。宝くじを購入する際に、私はレイクを利用することが多いです。この間も生活費でいっぱいいっぱいになってしまって、宝くじを購入する余裕はありませんでした。そんなときにレイクでお金を借りました。

申し込みが簡単なレイク

レイクのカードを作るときに、私はATMに行って作りました。ATMを画面の通りに操作していれば、スムーズに手続きをします。審査についてもほとんど問題はないと思います。定期的な収入がある人なら問題なく審査に通るでしょう。オペレーターと話をして個人情報や勤め先など聞かれました。誠実に答えて、30分経過すると、審査に通過したことが連絡されました。このようにして、レイクのカードを作ることができました。とても速かったです。レイクのカードを作るのはとても簡単ですから、お金を借りなくても、申し込みだけはしておいて、カードを作っておくのもいいかもしれません。

使いやすい

レイクはとても使いやすい消費者金融です。カードを持っていればATMで、自分のお金を引き出すようにまとまったお金を手に入れることができます。私の使い方は毎月1万円~2万円を借りて、それでロト6を楽しみます。語ることは少ないですが、勝って楽しむことに意味があると思います。レイクでお金を借りて、くじを買うのが私の息抜きです。金利もとても安いので不安がありません。いつも次の月の給料ですべて返済しきっています。給料の少ないサラリーマンには、レイクは最適なサービスだと思います。

まとめ

サラリーマンの息抜きに、消費者金融のレイクは最適なサービスです。使いやすく審査もスピーディー。しがないサラリーマンの毎日に、レイクは手厚いサポートしてくれると思います。

続きを読む

アイフルは1秒診断で借りられる状態であるかすぐ分かります

 

定収入のある会社員ですが、思わぬ誘いを受け、連休を前にどうしても10万程度の遊興費が必要になりました。預金はほとんどしていないので、来月の給料日に返せる範囲内で、キャッシングを受けたいと思い、すぐに対応してくれる会社を探しました。
 

するとアイフルが街頭で配っていたティッシュ付き広告に、1秒診断、即日融資と書かれていたので、早速申し込んでみました。
 

【1】1秒診断は融資を保証するものではありません

 

まずはアイフルのサイトにアクセスをして、「1秒診断」を受けてみました。結果はすぐ出て、借り入れを受けられる状態である旨、回答がありました。ただ、ここで注意しなくてはならないのは、借りられる状態がイコール、本審査通過を意味しないことです。
 

アイフルの1秒診断は、申し込んだコースの本審査結果とは、必ずしも連動していません。
 

【2】融資までの手続きはすべてネットで済みました

 

アイフルにはさまざまなキャッシングコースがありますが、私が申し込んだのは、23歳以上が利用出来るプレミアムキャッシングです。この場合、申し込みに当たって年齢確認が必要なのでは?と思いましたが、審査を申し込むに当たり書類提出は求められませんでした。
 

必要書類の提出は審査を通ってから求められました。このあたり、非常に合理的なシステムだと思いました。結果として審査に通り、手続きはすべてネットで終え、即日融資が実行されることになりました。
 

【3】10万を一月借りて、利息は1000円ちょっとです

 

銀区振込みで即日融資を希望する場合、午後2時10分までに契約を終える必要があるそうですが、私は午前中に済ませましたので、昼前には自分の口座に10万が振り込まれました。
 

ネットで、給料の入る翌月25日に一括返済する場合の利息をシュミレーションすると、1000円ちょっとでした。人によってはその1000円も高く感じられるかもしれませんが、私はこれで連休の楽しみが買えるなら、安くはないけど決して高いとも思いませんでした。
 

対応はスピーディでした。アイフルは、消費者金融大手の中では銀行などの傘下に入っていない、もはや数少ない独立系ですが、東証一部上場企業です。
 

上場企業だけに融資審査に当たって、内部規定はかなり厳しいと聞きましたが、それだけに金利は消費者金融の中では低く設定されているようです。今回は即日融資に応じてもらえ、本当に助かりました。うまく使えば、これほど便利な金融会社はないのではないかと思います。

続きを読む

サラリーマンにおすすめのアイフル

サラリーマンの方でも突然お金が必要になって、今日中になんとしてもお金を借りたい、という場面があると思います。しかしながら、いろいろなカードローンがありすぎて、どこが一番いいのかわからない、というひとも多いです。
なかでもおすすめなのはアイフルだと思います。アイフルだと、9~21時の間が自動審査回答時間になっていて、すぐに審査回答をもらうことができるためです。

【アイフルのスピード融資】

 

アイフルの最短審査時間は30分といわれています。しかし、それはあくまで最短の場合で、ひとによっては1時間以上かかる場合もありえます。
ですから、たとえば即日で借りたい、というように考えている場合には、できるだけ早く審査の申し込みをするようにしたほうがよいでしょう。申し込みから契約までネットで終えることができます。そして融資まで最もスピーディーなのはその方法です。

【即日融資の注意点】

 

ただし、銀行振込は平日14時までに限られていますから、やはりできるだけ早く審査結果がでるようになるべく早く申し込みをして、審査が出次第、銀行振込の手続きをするとよいでしょう。
平日の14時をすぎてしまったような場合には、無人契約機に行って、カードの発行を受ければ、その場でお金を借りることができます。アイフルは土日でも利用できるのがメリットです。
たとえば即実融資を希望するような場合でも、土日でも利用できます。銀行振込は銀行が営業していなければできませんが、提携ATMから下ろすことが可能です。

【少額融資におすすめ】

 

アイフルは1000円から借り入れができますから、少額の借り入れをしたい、というような場合にもかなり便利だといえます。
アイフルで借り入れを行なう場合、三菱東京UFJ銀行などをの提携銀行か、セブンイレブンなどの提携ATMを使ってお金を借りるようになります。この場合、利用手数料がかかってきます。
この手数料をかけたくない、ということであれば、銀行振込を依頼するのがベストです。

【まとめ】

 

このネットキャッシングといわれる銀行振込を利用するうえでの注意点が、即日で振込みを受けたいような場合には、14時までに手続きをしなければならない、ということです。
銀行の営業時間などの関係から、それを過ぎると振込みが翌営業日になってしまうためです。ですから、ATMを利用するのか、銀行振込を利用するのかは、自分がいつ借り入れを受けたいのか、などを勘案して決めていく必要があります。

続きを読む

学生で多額のカードローンを抱えた【体験談】

 

私は以前、大学生の時、多額のカードローンを抱えていました。何故大学生という若い年齢で、多額のカードローンを抱えてしまったのか?私のショートストーリーを、ご紹介させて頂きたいと思います。
 

【1】きっかけは、デパートのカードでした

 

当時私は大学3年生で、就職活動に勤しんでいました。私は一人暮らしをしており、両親から家賃、光熱費以外の食費やお小遣いとして月々10万円弱仕送りを貰っていました。贅沢しなければ十分足りる額です。
 

その上アルバイトもしていましたので、日々の生活には全く困っていませんでした。ある日、私は就職活動に使用する、スーツや靴、鞄一式をデパートへ買いに出かけました。
 

そのデパートで、お会計の際、デパートのクレジットカードへ加入することをおすすめされました。理由は、就活生であれば、就活中から卒業するまでずっと、そのデパートの商品が10%割引で購入できるというのです。
 

確かにスーツや靴、鞄などまとまった金額での10%割引は金額的にも大きかったですし、卒業するまでずっと割引がきくとなると大変お得に感じました。私はすぐにカードに加入しました。
 

【2】就職は無事決まりました。その後買物依存症になりました。

 

無事に私は一部上場企業から内定を頂くことができ、私の就職活動は終了しました。就職活動が終わると、大学4年生というのはあまり授業もなく、正直アルバイトがある日以外は、暇を持て余していました。
 

そこで私はよくショッピングに行くようになりました。最初は週1回だったのが週2回、週3回と増え、ショッピングに行く度に新しい洋服や靴に目が止まり「10%割引もあることだし、買っちゃおう」と思うようになりました。
 

新しい洋服を着て友人や彼氏に会うと、その洋服のことを褒められ、嬉しくなりました。いつの間にか私は、1度着た洋服を、同じ人の前で着ることに抵抗を覚えるようになりました。
 

毎回新しい洋服で友人や彼氏に会い、羨ましがられたい、そう思うようになりました。
 

【3】カードローンをするようになりました。

 

しかし、週3回デパートで買物をし続け、私の現金は足りなくなりました。そこで、それまで1回払いで買物をしていたのを、2回、3回払いは勿論、リボ払いにまで変更をしました。
 

現在デパートのクレジットカードは、お店でお会計をした後でも、引き落とし日の前であれば支払い方法を後から変更できるのです。そうして私は次々と買物をし、後から支払い方を変更するといった手続きを約1年程続けました。
 

私がこの多額のカードローンをするのをやめたのは、社会人になり、10%割引もなくなり、そもそも仕事が忙しく買物に行く時間がなくなったからです。現在は学生でも、両親の保証があればカードは簡単に作ることができます。カードはよく考えて使用した方が良いと感じた経験でした。

続きを読む